04 1

沖釣りの中では、最も深い水深1000メートル付近に生息するのがベニアコウ(オオサガ)。 関東エリアの主な釣り場は南房や相模湾にあり、取材した相模湾真鶴岩港の緑龍丸はスポットでベニアコウ乗合に出船。釣り場は港から30分ほどの真鶴沖が中心で、急深な海底地形を擁する当地は驚くほど岸に近い海域でベニアコウが狙えるのが特徴だ。 タックルはアコウやキンメ釣り用のPE10〜12号を1400メートル以上巻いてある大型電動リールと深場竿の組み合わせでチャレンジできる。 同船の釣期は12〜5月、例年7〜8キロ級の大型を交えて数が上がるようになるのは3〜4月ごろで、最盛期はまさに今。ベニアコウ乗合は2人以上で出船が確定するシステム、予約はお早めに!

 

※無断コピー・転載禁止
※料金等データは2021年3月のものです。

船宿データベースはこちら。