フグ釣りの穴場「相模湾」
ショウサイフグ主体に好調!

相模湾腰越港出船…腰越〜茅ケ崎沖

レポート◎丸山 利明

※無断コピー・転載禁止
※料金等データは2019年4月のものです。

P.015 01 IMG 7749

関東でフグ釣りが盛んなエリアといえば東京湾や外房〜茨城方面だが、フグマニアの間で穴場として話題になっているのが相模湾腰越。関東でフグ釣りが盛んなエリアといえば東京湾や外房〜茨城方面だが、フグマニアの間で穴場として話題になっているのが相模湾腰越。 目下、当地で唯一のフグ専門船を出している池田丸では、腰越〜茅ケ崎沖の水深20〜30メートル付近を狙い、ショウサイフグを主体にトップで20〜30尾釣れている。

 道具立ては、オモリ10号のカットウ仕掛けの上に2本バリの食わせ仕掛けを付けるスタイルが主流で、いわゆる湾フグ用のタックルで楽しめる。 「相模湾では水温が上がるにつれて釣り場にフグが増える傾向があるので、これから夏に向けてがいい時期です」とは橋本浩平船長。 大型連休後半も相模湾のフグは期待度◎だ。

船宿データベースはこちら。