内房金谷の誉れ
居着きの金アジ絶好調

内房金谷港出船……金谷〜竹岡沖

フィッシングライター/平林 潔
※無断コピー・転載禁止
※料金等データは2019年5月のものです。

本来アジは回遊性の魚だが、栄養豊富な瀬や海峡、湾口部、内湾などに定着する、いわゆる「居着き」や「瀬着き」と呼ばれるアジは、体色が明るくよく太り、脂が乗っていてとてもおいしい。本来アジは回遊性の魚だが、栄養豊富な瀬や海峡、湾口部、内湾などに定着する、いわゆる「居着き」や「瀬着き」と呼ばれるアジは、体色が明るくよく太り、脂が乗っていてとてもおいしい。

 内房金谷周辺は居着きのアジの名釣り場の一つで、5月中旬に取材した金谷港の忠七丸は、浅い海域の岩礁周りに群れる「金アジ」を狙って周年アジ専門で出船する船宿。 当日は金谷〜竹岡沖の水深20〜30メートル付近を中心に狙い、25〜30センチ級主体に40センチ以上の大型交じりで平均50尾ほどと絶好調。 小気味いいアジの引きを楽しんだアフターは、杯を傾けて極上の金アジを味わいたい。

船宿データベースはこちら。