東京湾の夏タチウオ!
指4~5本幅級
交じりで絶好調

※無断コピー・転載禁止
※料金等データは2019年7月のものです。

P.012 013 01 DSC 5960

「タチウオは幽霊みたいだ」「タチウオは幽霊みたいだ」 ときに神出鬼没なタチウオは、そう例えられることもある。だが近年の東京湾はほぼ周年釣れ続き、夏を迎えてさらに好況。アジやシロギスと並ぶ安定株と言っても過言ではなく  、60〜110センチ級がトップ30〜40本ほど釣れている。

 メインの釣り場は観音崎〜走水沖の水深50〜60メートル前後。取材した東京湾奥川崎の中山丸はエサ釣りとルアーが同船で楽しめる船宿のひとつで、人数が多いときはそれぞれ別船で出船。

 道具立ては、エサ釣りは道糸PE2号以下のライトタックルでオモリ40〜80号を状況で使い分ける。ルアーはPE1号以下で今のところメタルジグは130〜160グラムが中心だが、これから浅場になってくれば80〜100グラムと軽いジグで楽しめるはず。 いよいよ夏本番、東京湾のタチウオを釣りまくろう!

船宿データベースはこちら。