多点掛けで乗り乗り
鹿島の夜イカ佳境!

※無断コピー・転載禁止
※料金等データは2019年9月のものです。

P.016 01 IMG 9442

茨城エリアの夏〜秋の風物詩、夜イカが狙い目を迎えている。 鹿島港で乗合船がスタートした8月から、胴長30センチ級のムラサキイカを主体に連日トップ100杯以上と絶好調。当地の船長によると今年は広範囲に群れが見られるとのことで、9月後半以降も期待できるとのこと。

 夜イカのツノは布巻きウキスッテ2.5号が定番で、これを4〜5本結んだブランコ仕掛けや直結仕掛けで豪快な多点掛けを楽しめる。また当地のほとんどの船は近年人気のイカメタルも同船できるので、ぜひ!

船宿データベースはこちら。