良型主体でお土産バッチリ!
東京湾奥出船のビシアジ好況

※無断コピー・転載禁止
※料金等データは2019年9月のものです。

01 239

東京湾の安定株といえばアジ。東京湾奥小柴・はやぶさ丸に乗船した取材日は、海堡周りの水深40メートル前後をメインに狙い、開始早々から25〜35センチ級の中大アジがバタバタ釣れ上がり絶好調。その後も移動することなく釣れ続け、7時出船、13時沖揚がりのショート船ながらトップ78尾、一人平均40尾ほどの結果を得た。東京湾の安定株といえばアジ。

東京湾奥小柴・はやぶさ丸に乗船した取材日は、海堡周りの水深40メートル前後をメインに狙い、開始早々から25〜35センチ級の中大アジがバタバタ釣れ上がり絶好調。その後も移動することなく釣れ続け、7時出船、13時沖揚がりのショート船ながらトップ78尾、一人平均40尾ほどの結果を得た。 船長によれば、今後も安定して釣れ続きそうとのことだから、沖釣りビギナーにもおすすめだ。

船宿データベースはこちら。