行楽の秋は大人も子供も
楽しめる江戸川放水路の
ボートハゼで決まり!

※無断コピー・転載禁止
※料金等データは2019年9月のものです。

12 DSC 6361

東京湾奥江戸川放水路のボートハゼが好調だ。6〜10センチ級主体に慣れた人で100〜200尾、初心者でも30〜50尾は釣れている。 例年、この時期にハゼが密集するポイントは岸沿いの水深1メートル前後の浅場が中心だが、今年は水深3〜4メートルの深みでも釣れており、こちらは10〜13センチと一回り大きなハゼが食ってくる。

 道具立てはお好み次第だが、浅場はノベ竿でのミャク釣りがおすすめ。仕掛けはノベ竿、リール竿ともにハゼ用片テンビンにオモリ1号1本バリ、エサのアオイソメを2センチほどに切ってハリに刺し、仕掛けを底に着ければひっきりなしにアタリがくる。大人も子供も夢中にさせるハゼ釣りは秋の行楽にピッタリだ。

船宿データベースはこちら。