木更津沖で高位安定!
シロギスのアタリを満喫

※無断コピー・転載禁止
※料金等データは2020年1月のものです。

厳冬期もなんのその、東京湾では小物釣りが盛況だ。厳冬期もなんのその、東京湾では小物釣りが盛況だ。 本来、冬のシロギス釣りは水温の低下とともに水深20〜30メートル台の深場に固まった群れを狙う「落ちギス」の季節。しかし、ここ数年は真冬もキスが深みに落ちることなく水深10メートル台の浅場で釣れている。 羽田大師橋際の「かめだや」に乗船した取材日は木更津沖の水深15メートル前後を狙い、ほとんど空振りなしで釣れ続き、トップ束超え、大半の人が60尾以上という好釣果。今後も安定して続きそうとのことだから、数釣りを満喫したい人にイチ推しだ。

船宿データベースはこちら。