洲ノ崎沖のヤリイカ良型ぞろい
スルメ交じりで乗り乗り!

※無断コピー・転載禁止
※料金等データは2020年4月のものです。

P

日増しに暖かくなるとともに模様が上向きファンを喜ばせているのが三浦半島周辺から出船するヤリイカ。 洲ノ崎沖や沖ノ瀬、城ケ島沖の水深110〜180メートル前後を狙い、日によってスルメイカが釣果の半数近くを占めることもあるが、ヤリイカの群れの濃さは相当なもので、胴長30〜45センチ級の良型主体にトップが30〜40杯台に到達する日も見られる。 天候や潮具合などの条件がそろえば、ラストスパートに入ったヤリイカと、これから本格シーズンを迎えるスルメイカの豪快な多点掛けが楽しめるはずだ。

船宿データベースはこちら。