好みの釣り方で自由満喫
涼を求めて沼津の夜タチ!

P.010 011 01

※無断コピー・転載禁止
※料金等データは2020年8月のものです。

初秋の涼しい夜風に吹かれて楽しめる沼津の夜タチウオも、日に日に釣況が上向いている。サイズは大小様ざまながら8月中旬の取材日もトップ30本を超えて、いい感触だった。 釣り場は内浦湾の最奥部、淡島周りの水深50〜60メートル。アンカリングして集魚灯でタチウオを寄せて釣るのが当地のスタイルで、夜の帳が降りるにつれてタナも上昇し、20メートル以浅の表層でアタックしてくる。

 静浦港真成丸の高橋判船長に夜タチの道具立てを聞くと、「オモリはノーマルタックルのエサ釣りで80号を基準にしてますが、オモリ40号前後のライトタックル、テンヤタチウオ、サーベルテンヤ、ジギングほか、どうぞお好みの釣り方で楽しんで!」とのこと。オマツリさえしなければフリースタイルで遊べるところも大きな魅力なのである。 タチウオは10月あたりまで湾奥に滞留し、秋が深まると東の千本浜沖へ移動するのが例年のパターン。ただ今年はすでに千本浜方面でも釣れていて、「沼津全域で沸いている感じ」と船長。今後も大いに期待できそうだ。

船宿データベースはこちら。