秋の人気ターゲットを先取り
東京湾奥出船のアマダイ良型交じりでスタート

01 IMG 4018

アマダイは出船軒数が増える秋〜冬に注目が高まる釣り物だが、東京湾奥羽田の「かみや」ではファンの要望に応えてシーズンを先取りし、8月からリクエスト乗合でライトアマダイ船を出している。 リクエスト乗合を担当する神谷貴之船長によると、東京湾のアマダイは湾内に濁った潮が差し込む春の一時期は食い渋り気味になるものの、基本的にはほぼ周年釣れるとのこと。

 取材した8月14日は富浦〜剣崎沖の水深65〜110メートル前後を狙い、30〜35センチ級主体に45センチオーバーの良型を交えてトップ3尾とまずまず。オニカサゴやオキメバル、キダイ、マトウダイなど多彩なゲストも交じり釣果に華を添えた。 なお同宿のライトアマダイは道糸PE2号以下でオモリは50号。小型電動リール付きの貸し道具も完備されており、釣り方は船長が教えてくれるから気軽に挑戦していただきたい。

※無断コピー・転載禁止
※料金等データは2020年8月のものです。

船宿データベースはこちら。