数が望める初夏の狙い目!
南房のイサキ&五目釣り好調

南房江見港出船…江見沖

本誌APC(東京)/鈴木良和

※無断コピー・転載禁止
※料金等データは2019年4月のものです。

P.015 01 IMG 2667

南房のイサキが好調だ。コマセを振ってタナに合わせた途端にククンと竿先が曲がり、シャープな引きを楽しみつつ巻き上げると20〜30センチ級が釣れ上がる。トップが規定数の50尾に達する日も珍しくなく、初心者でも20尾前後釣れる好模様だから大型連休の行楽釣行にももってこいだ。南房のイサキが好調だ。コマセを振ってタナに合わせた途端にククンと竿先が曲がり、シャープな引きを楽しみつつ巻き上げると20〜30センチ級が釣れ上がる。トップが規定数の50尾に達する日も珍しくなく、初心者でも20尾前後釣れる好模様だから大型連休の行楽釣行にももってこいだ。

 取材した江見港の新栄丸は、さらに魅力的。前半は手堅くこのイサキを狙い、後半はマダイやアマダイを始め、アラやホウボウなど多彩な魚が顔を出す五目狙いへ転進するイサキ&五目のリレー釣りで出船している。 おいしい魚があれこれ釣れるから、1度の釣行で豪華舟盛りも夢じゃない! 食いしん坊にイチオシだ。

船宿データベースはこちら。