湘南片瀬港出船の根魚五目
オニカサゴ主体に好発進!

相模湾湘南 片瀬港出船…江ノ島沖

フィッシングライター/丸山利明
※無断コピー・転載禁止
※料金等データは2019年4月のものです。

P.018 01 IMG 739642cm15k

根魚五目とひと口に言っても主となるターゲットは様ざまで、相模湾湘南片瀬港のまなぶ丸がメインで狙っているのは中深場の人気魚オニカサゴ。根魚五目とひと口に言っても主となるターゲットは様ざまで、相模湾湘南片瀬港のまなぶ丸がメインで狙っているのは中深場の人気魚オニカサゴ。 オニカサゴは周年狙えるが、同船の釣期は例年3〜9月ごろ。今年も3月中旬からスタート、取材日は江ノ島沖の水深100〜150メートル付近を狙い、600〜800グラム級主体に1キロオーバーの良型交じりでトップ3尾前後とまずまず。

 オニカサゴのほかウッカリカサゴやアヤメカサゴ、フサカサゴなどのカサゴ類やムシガレイなども交じって釣果は賑やかだ。「オニカサゴは冬の釣り物と思いがちですが、暖かい時期のほうが釣果はのびるし、食味の面でもひけをとりません」とは三ケ部船長。 春〜夏のオニ狙いの穴場、江ノ島沖は今シーズンも視界良好だ。

船宿データベースはこちら。