追い食い狙いが好釣果の秘訣!平潟沖の中深場五目は引き味満点

01P.014 015 02

茨城県平潟港・第茨城県平潟港・第15隆栄丸はマダラ、アカムツ、メヌケ、アブラボウズなど中深場〜深場の釣りを得意とする船宿。1〜7月の看板メニューは「中深場五目」で、水深120〜200メートル前後に生息するウスメバルやウケグチメバル、小型のメヌケ、クロムツ(ムツ)、ソイ、メダイなどをフラッシャーサビキ仕掛けで楽しませてくれる。

1月中旬の取材日は、前日は 1月中旬の取材日は、前日は11度だった水温が17度台と5度以上も上がった影響もあってか食い渋り気味。それでも慣れた人は追い食いを狙ってオキメバル専用の軟調ロングロッドを何度もしならせ、ウスメバルを主体にトップ46尾の釣果。船長によれば、連日反応はバッチリ出ているとのことだから、水温が落ち着けばさらなる釣果アップも望めるだろう。

※無断コピー・転載禁止
※料金等データは2021年1月のものです。

船宿データベースはこちら。