相模湾のフグ上昇気配!トラフグ狙いはお早めに

01 2

テクニカル系ターゲットのカワハギとフグに共通しているのが、海中でホバリングするように泳ぎながらエサをついばむこと。そのため竿先にアタリが出づらく、のん気に構えていると知らぬ間にエサをスッテンテンにされて悔しい思いをする。 当然置き竿で釣れるような魚ではなく、攻略するには様ざまな誘いで微かに出たアタリを見逃さずに合わせを入れなくてはならない。 それだけに、首尾よく釣れたときの達成感が、この釣りの魅力と言える。

湾フグタックルでOK

 3月27日、私も大好きなフグを狙って、釣友の米光さんと相模湾腰越港の池田丸へ。 事前に船宿に確認したところ、3月中旬ごろから水温の上昇とともにフグの活性も上がり始めたとか。メインのショウサイフグほか、高確率でトラフグも交じると聞いて私たちはやる気満々だ。 当日の乗船者は13名。船に乗り込み支度に取りかかる。同船のフグ釣りの道具立ては、いわゆる湾フグ仕掛けと同じでオモリは10号で統一。 エサはアルゼンチンアカエビと食わせ仕掛け用にアマエビが用意されており、出船前に配られた分がなくなれば追加料金なしでエサがもらえるうれしいシステムだ。 6時に出船。橋本船長によれば目下のポイントは近場が中心とのことで、航程10分ほどで到着した江ノ島西側の水深19メートル付近でスタート。

 海底は砂地で根掛かりの心配はないとのことで、まず始めに船下を狙い、アタリがなければ遠投して広く探ることも可能だ。 開始早々、右胴の間の倉野さんにヒットしたが上がってきたのはホウボウ。 続いて右ミヨシの田中さんがバシッと合わせを決めて巻き上げ20センチ級のショウサイフグを釣る。しかしこれを見た船長が、「昨日まではこんな小さいのは交じらなかったのになぁ」とサイズにご不満の様子。 続けて竿をしならせたのは左トモ3番の川元さん。ガンガン力強く竿がたたかれるのを見て、さっそくトラフグのお出ましかとカメラを構えていると、海面に浮かび上がったのは赤い影が2つ。なんとホウボウのダブルでこれには川元さんも苦笑い。

 左胴の間の進藤さんが30センチほどのショウサイフグを釣る。しかし潮具合なのだろうか、その後ヒットするのはサバフグとホウボウばかり。きたぞトラフグ!「左トモでトラフグが上がったよぉー」 藤原さんが釣った待望のトラフグは35センチ級、本当にうらやましい。 このトラフグが〝福〟を呼んだようで、右2番の青木さんが同級のトラフグを釣り上げガッツポーズ。さらに船内パタパタとショウサイフグが釣れ始める。釣れ始める。 右トモの山田和美さんは30センチ級のショウサイフグを釣った後、船内3尾目となるトラフグを釣り上げ、「初めてトラフグを釣ったわ」と大興奮。 この時点でフグの顔を見ていないのは米光さんだけ。フグ釣り初挑戦の彼はエサ取り名人の技にすっかりほんろうされ、何度もエサを失敬されてお手上げ状態。そこで、「もっと手を動かして。5秒に1度は軽くシャクリを入れて。待つときはオモリを底に着けて道糸は張らず緩めず、違和感があったらとにかく合わせてみて」とアドバイス。

 しばらくすると、「掛かった! ガンガン引く」と巻き上げ始めたが、「あれっ? バレちゃった」とリールを巻く手を止めてしまった。「フグは食い上げるからそのまま巻いて!」と私が叫ぶと、「あっ! また引き始めた」と言って28センチのショウサイフグを抜き上げる。「フグは食い上げに気をつけて。カットウバリはカエシがないから、巻き上げ途中でラインのテンションが緩むとバラシに繋がるからね」 米光さんはうなずきながらニコニコだ。 10時を回り、私も撮影の合間に竿を出す。 すると竿先に変化はないのだが、竿を握る手にコツッときたので間髪入れずに合わせたが空振り。しかし、まだフグが仕掛けの周りにいるかもしれないので集中すると、コクッと竿先にアタリ。今度は合わせが決まってガッガッと力強く竿をたたく。これこれ、フグはこの引きがたまらないのだ。上がってきたのは30 センチ級のショウサイフグ。 次投もすぐにアタリがきて25センチ級をキャッチ。 その次は、掛けた魚が巻き上げ途中で横走りをしたので変だと思ったら、22センチのカワハギが上がってきた。

 そろそろ私もトラフグが釣りたい……と思っていると、ガツンと強いアタガツンと強いアタリと同時に竿が曲がる。しかしものすごい引きで竿がのされ、ギューンと反対舷に突っ込まれた瞬間、道糸が船底にこすれてバチンと切れた。「あ〜、間違いなく大型のトラフグだったね」。船長の一言が私の心をえぐる。 時合がきたのか、ここからトラフグが連発。左ミヨシの岡野さんが2尾、右ミヨシ2番の青木さんがあれよあれよとトラフグ3尾を釣り上げたところで沖揚がりを迎えた。 釣果は30〜35センチ級のトラフグが船中7尾。ショウサイフグはイフグは25〜35センチ級の良型主体に1〜13尾、平均7尾ほど。 船長によれば、ショウサイフグは例年これから夏に向けて数が出るようになるとのことだが、トラフグも釣りたい人はお早めに!


01 3

相模湾腰越港 池田丸

10467・32・2121(詳細は巻末の情報欄参照)▼料金=フグ乗合一人9500 円(エサ付き)。 氷100 円▼備考=予約乗合。6時出船。ほかヒラメ五目、 カワハギ、タイ五目、アマダイへも

 

※無断コピー・転載禁止
※料金等データは2021年3月のものです。

船宿データベースはこちら。